こんにちは。
患者さんの通院は“最短最速の終了”を目指す
院長山根です(^^)

今日はお休みですが、毎度のことながら何処へ連れていこうか悩みます(-_- )

昨日は「骨盤の開きと外反母趾との関連」という
ブログを書きました。
今日は“東洋医学の視点”からみた外反母趾について
書いていきますね(^^)

昨日は、大まかにざっと言いますと(笑)
重心が外側にかかるような立ち方や歩き方が原因で
起こると書きました。

では、東洋医学の観点からみてみますと
外反母趾の痛む部分は足の親指の内側です。
ここには脾経というラインが通っています。
脾臓(脾臓といっても東洋医学ではいわゆる脾臓だけとは捉えず消化器全般と考えます。)に関係している線です。脾臓は免疫にも関係します。
🔘昼間眠くなる
🔘生アクビが出る
🔘根気がなくなる
等の症状が出ていると脾臓が弱っているサインです。

東洋医学では脾臓は湿気に弱い臓器と言われます。
言われてみれば、梅雨時の湿気がある時に痛んだりすることが多いような?という方も多いかもしれませんね。
脾臓が弱っていると外反母趾の原因になり得ます。
それだけでなく、肝臓が元な場合もあります。

肝臓と脾臓、どちらも大切な臓器です。
しっかり休めて労ってあげましょう(^^)

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました(^^)


The following two tabs change content below.
山根慎司

山根慎司

原因となる所を根本的に解決し、身体の「外」から「内」から全身を整え、全身の繋がりを創り、昨日よりも明日の身体を創る”を信念とした施術を心がけております。

皆健堂整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
皆健堂整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 082-271-7350 受付:9時~12時/13時30分~19時30分
   (水曜午後は休診)
   ※19時~完全予約(土曜は17時~)
    但し、緊急な症状は除く
休診:水曜午後、日曜、祝祭日
住所:広島市西区庚午北3-20-30 山本ビル101
最寄駅:広島電鉄・高須駅から徒歩5分
地図・行き方