こんにちは。
患者さんの通院を“最短最速の終了”で目指す
院長山根です(^^)

昨日のカープ、今季38度目の逆転勝利だそうですね(゜o゜;)
確かに、ここ最近の試合展開を観ていて負けていても
何となく逆転しそうな雰囲氣がありますね(゜o゜;)
このまま順調に勝ち続けて願わくば地元広島で優勝が観たいですね(^O^)

さてさて今日は、いつもと趣向が違う
「食べ物」についてなのですが、
もう少しフォーカスした「果物の糖分=果糖」と
「肝臓」の関係について書いていきたいと思います(^^)

この頃になると、秋の果物が徐々にお店の売り場に見られるようになってきますね。
イチジク、梨、栗、ぶどう、柿…
どれも美味しいですよね~(*´∇`*)

しかし、
「果物はビタミンCも豊富やし、身体に良いから食べてもいいよね~(^^)」
というのが一般的な声ですよね?
ええ(^^)いいですよ(^^)

ただ、食べる量や時間帯を考えずに
食べるのならそれは身体に毒ですよ(-_- )

ビタミンCはお腹を冷やすので、
夜に食べると夜中に何度も起きてトイレへ行くはめになります((((((゜ロ゜;

中でもビタミンCを多く含む果物は柿です。
その含む量は、
リンゴ15個分=柿1個分とおよそ同じです。
子どもの頃、ご飯の後に柿を調子にのって
バクバク食べてたら親から
「あんまり夜に柿を食うな、おねしょしても知らんど!」
と言われたのを思い出します(笑)
それはこういうことだったんですね~(-_- )

夏の果物になりますが、
桃は柿より水分が多いそうで、
それこそ食べすぎたら、おねしょをしそうですが、
桃は夜食べても身体を冷やさない。
とは言われますが、
果糖(果物に含まれる糖分のことです。お菓子作りの時など果物を火にかけると焦げやすいの注意です)
が多いんです。

一日の果糖の量は、
柿は、8分の1個でちょうど良いです。
リンゴだと4分の1個です。
リンゴを毎日半分も食べると
⏩果糖が体に蓄積されていきます。

ここでタイトルにもある肝臓を出します(笑)
肝臓はアルコールを分解処理する臓器。
なのは勿論ですが、
肝臓の仕事はそれだけではありません。
肝臓は何百種類もの仕事を毎日こなしています。
糖質の処理も肝臓が行っています。

肝臓に糖を蓄えますが、
容量オーバーとなった糖は脂肪へと変換され内臓に
くっつきます。
特に果糖は肝臓にとって
分解しづらいので肝臓に負担がかかります。
そこへ夏の疲れとストレスもプラスされると恐ろしいです(-_- )

昔と比べて、最近
キレる、わめく、落ち着かない
子供が多いようです。
このような傾向の子は
糖を過剰に摂取しているそうです。
(因みに、糖が過剰な子は打撲とかをすると治りが遅いです。)
私が子供の頃は、そんなに簡単に自由に
コーラやチョコやポテトチップスを食べさせてもらえなかった記憶があります(-_- )
当時は不満でしたが、今ではよかったと逆に両親に
感謝してます(笑)

しかし、今の子供達は私が子供の頃と比べて自由に
お菓子やジュースを買い食べているように思います。
簡単に手に入る環境にあるのだから、
そりゃ過剰にもなりますよね(-_- )

このキレる、わめく、落ち着かないに有効的なのが、昆布やヒジキの海藻類です。ミネラルが大切です(^^)

私も三人の子をもつ親となりました。
我が家ではお菓子は食べたとしても添加物のなるべく無いもの、ジュースに関しては全く与えていません。

子どもだけでなく、我々親である大人も
糖質の摂り方を氣をつけないといけません。

私の大好きな日本酒は糖分が多いから控えないといけないのですが(笑)今のこの時期は各酒蔵が
「ひやおろし」を続々と出荷しているので
誘惑が多いですが控えるようにしたいと思います(笑)

皆さんも夏の疲れとストレスでやられた
肝臓を労ってあげましょう。
これから実りの秋、まだまだ美味しいものがたくさん出てきますからね(^^)

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます(^^)


The following two tabs change content below.
山根慎司

山根慎司

原因となる所を根本的に解決し、身体の「外」から「内」から全身を整え、全身の繋がりを創り、昨日よりも明日の身体を創る”を信念とした施術を心がけております。

皆健堂整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
皆健堂整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 082-271-7350 受付:9時~12時/13時30分~19時30分
   (水曜午後は休診)
   ※19時~完全予約(土曜は17時~)
    但し、緊急な症状は除く
休診:水曜午後、日曜、祝祭日
住所:広島市西区庚午北3-20-30 山本ビル101
最寄駅:広島電鉄・高須駅から徒歩5分
地図・行き方