こんにちは。
患者さんの通院を“最短最速の終了”で目指す
院長山根です(≧▽≦)

今日は
『70代男性・米袋を持ち上げてから出始めた腰の痛み』でご来院の方の症例です(^^)

【患部の状態を確認】

米袋を移動させるのに持ったあげた際に負傷。

それからずっと腰の痛みがある。

腰全体の緊張が強く、肩は右側が下がっていて

右の肋骨の間の筋肉が萎縮し身体全体が

右に傾いて、身体を左右に倒すと右が難しい。

骨盤も外に開きO脚氣味。

両足首、特に右の足首は昔ハンドボールを

していて何回も捻挫を繰り返し、あまり積極的に

治療をしていないかズレがかなり目立つ。

寝た状態から起き上がる時が痛みが強い様子。

【この様に調整】

先ず、O脚氣味なのは骨盤が開いていて

腰がひけた状態から出ていると考え、関連する

内ももの筋肉を弛めるように施術し、老廃物を

流すように促し、骨盤の開閉具合を確認。

脚を閉じると抵抗感はないのを確認。

右肩の下がりは、肋骨の間の筋肉の血行が悪い為

萎縮しているのが原因と考え、血行を良くする

ように施術。数回動かすと萎縮も弛み右肩の

下がりも戻り身体の傾きも改善。

この時点で腰の緊張も落ちたが、肝心な股関節

の負担を減らすため、股関節の前後の筋肉に

アプローチし、血行を促し動きも良くしていく

ようにしっかり動かす。

股関節と足首の関係は重要なので、最後に足首

のズレを整えるように調整し、寝た状態から

起き上がってもらい痛みがあるかないかを確認

してもらい、だいぶ軽減したのを確認し、また

座ってもらい身体の傾きがないのも確認し終了。

【考えられる原因】

元々、腰痛持ちの方でありO脚氣味なので

腰がひけた状態でいましたが

重たい米袋を持ったのが決定打になりました。

肋骨も引っ張られるように萎縮し、右に傾き

血のめぐりが悪い状態が続いていました。

ここ最近の氣温の低さから血のめぐりが

悪くなったことに加え、疲労からか代謝機能が

低下し、特に弱った所に今回痛みとして現れた

と考えます。

身体全体の血のめぐり、代謝機能が悪くなると

この様に症状が出やすくなります。

冷えはやはり天敵です。皆さんも身体を

冷やさないように心がけてくださいね(^^)

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます(^^)


The following two tabs change content below.
山根慎司

山根慎司

原因となる所を根本的に解決し、身体の「外」から「内」から全身を整え、全身の繋がりを創り、昨日よりも明日の身体を創る”を信念とした施術を心がけております。
山根慎司

最新記事 by 山根慎司 (全て見る)

皆健堂整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
皆健堂整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 082-271-7350 受付:9時~12時/13時30分~19時30分
   (水曜午後は休診)
   ※19時~完全予約(土曜は17時~)
    但し、緊急な症状は除く
休診:水曜午後、日曜、祝祭日
住所:広島市西区庚午北3-20-30 山本ビル101
最寄駅:広島電鉄・高須駅から徒歩5分
地図・行き方