こんにちは。
患者さんにとって“最後に通った整骨院”を目指す
院長山根です(≧▽≦)

今日は
『50代男性・数日前から出た首(右)の痛み』でご来院の方の症例です(^^)

【患部の状態を確認】

数日前から出た痛みで以前にも同じ箇所に痛みが

出たことがあり、時間が取れた為来院。

首を上下に動かすと首の付け根付近と右肩甲骨の

内側の角にに痛みが出る。

左右に倒すとどちらも痛いが特に右が痛い。

痛みの中心は右肩甲骨の内側の角に出る。

左右に向いても同様。

肩甲骨の高さも右が上がっていて、右の方の筋肉

が萎縮し、身体が右側に傾斜している状態。

【この様に調整】

先ず、右の肋骨の間の筋肉の萎縮をとるよう

アプローチし、右に傾いた身体を改善させる。

すると、肩甲骨の高さが左右で揃う。

次に、右肩甲骨の内側の角につく筋肉を中心に

アプローチし、コリ(老廃物)を除去していく。

左も同様にアプローチし、左右を弛める。

肩が巻き込み、胸の筋肉が萎縮しているので

こちらも老廃物を除去するようにアプローチし、

再度、首の動きを確認してもらい特に痛みや

問題もないのでここで終了。

【考えられる原因】

車の整備などをされる職業なので、重い物を

持つことがしばしば。しかもこの季節柄

スタッドレスタイヤの交換作業が増えてより

肩に負担をかけ且つ、寒いので肩を竦めての作業

これが大いに影響していると思います。

血流が滞り、尚且つ、身体を縮めてより血流を

遮ったことも追い打ちをかけたのも要因です。

患部や周辺の筋肉を触ると血のめぐりが悪い状態

なのが感じられました。

右の肋骨の間の筋肉の萎縮も血流が悪くなった

のもですが、ある意味身体を守ろうとする

防御反応みたいなものだと思います。

しかし、血流が滞りなく巡れば痛みや不調は

なくなるものです(^^)

当院はそこを最重要最優先の治療を行ってます♪

 

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます(^^)


The following two tabs change content below.
山根慎司

山根慎司

原因となる所を根本的に解決し、身体の「外」から「内」から全身を整え、全身の繋がりを創り、昨日よりも明日の身体を創る”を信念とした施術を心がけております。
山根慎司

最新記事 by 山根慎司 (全て見る)

皆健堂整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
皆健堂整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 082-271-7350 受付:9時~12時/13時30分~19時30分
   (水曜午後は休診)
   ※19時~完全予約(土曜は17時~)
    但し、緊急な症状は除く
休診:水曜午後、日曜、祝祭日
住所:広島市西区庚午北3-20-30 山本ビル101
最寄駅:広島電鉄・高須駅から徒歩5分
地図・行き方