こんにちは。
患者さんの通院を“最短最速の終了”で目指す
院長山根です(≧▽≦)

今日は
『30代女性・喘息の影響で息苦しい、そのせいで肩がこる』でご来院の方の症例です。

【患部の状態を確認】

息は吐けるが吸うのが難しい、入らない。

横になるより座っている方が呼吸は楽。

肋骨の動き(広がり)が悪い。

みぞおちの辺りを抑えると「うっ」となって苦しい。

背中を丸めているのもあり、肩甲骨の際の辺り

肩の筋肉が緊張している。

【この様に調整】

まず、肋骨の動きが悪いので弾力をつけるよう

調整し、広がれるように。

みぞおち、横隔膜の辺りを抑えると苦しいので

横隔膜がしっかり動けるように調整。

肋骨が広がれるようになり、横隔膜も動ける

ようになり、呼吸がしやすくなりました。

肩甲骨の際に血を入れて老廃物を吐き出させる

よう調整。肩甲骨の際の筋肉が柔らかく。

首と肩を調整し、終了。

【考えられる原因】

喘息とあって、季節の変わり目やストレス

また、加工食品(いわゆる悪い油)を食べた等

が関係してきます。

脂質の高い物は腸を萎縮させ、横隔膜の動きを

制限します。これが今回の症状の原因の一つと

考えられます。実際この方は最近加工食品を

食べている機会が増えたと言われてました。

横隔膜が内臓側に引っ張られているのもあり、

呼吸時に動けないのもありました。

肩や肩甲骨の際の痛みは、大きい呼吸が

できない為、小さく小刻みにしかできないので

肩や背中の筋肉もいつもより回数多く収縮

せざるを得ません。

これが肩や背中の筋肉の痛みとなって出ている

と考えられます。

今回の症状は原因が一つだけとは限りません。

季節的なこと・精神的なこと・食べ物関連

これらが複合的に絡んで症状として現れました。

季節的なことや精神的なことが原因とは

よく思いつきますが、食べ物が関係するは

思いつくようで思いつきません。

特に油は関係しますので、皆さんも普段から

油には氣をつけてくださいね(^^)

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます(^^)


The following two tabs change content below.
山根慎司

山根慎司

原因となる所を根本的に解決し、身体の「外」から「内」から全身を整え、全身の繋がりを創り、昨日よりも明日の身体を創る”を信念とした施術を心がけております。

皆健堂整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
皆健堂整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 082-271-7350 受付:9時~12時/13時30分~19時30分
   (水曜午後は休診)
   ※19時~完全予約(土曜は17時~)
    但し、緊急な症状は除く
休診:水曜午後、日曜、祝祭日
住所:広島市西区庚午北3-20-30 山本ビル101
最寄駅:広島電鉄・高須駅から徒歩5分
地図・行き方